CDR006

CDR006ジャケット画像
CDR006レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR006
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス DECCA
原盤LPのレコード番号
LXT 2951
作品名
バッハ:無伴奏Vnソナタ1番,パルティータ1番
演奏者
E.テルマーニ(vn)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
金内溝ツヤF,折返紙,1953年3月ロンドン?録音,1954年発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済

1954年3月録音。同年発売。バッハ・ボウ(湾曲弓)を使用してのR.シュレーダーの録音(2曲のみ)に次ぐ初の全曲録音。レコードの希少性と、その内容の素晴らしさから無伴奏ファンが一度は手にしたいLPだろう。無伴奏演奏史の中でも、バッハ・ボウはどうも異端視されたようで、彼らに続く録音はO.ビュヒナーの1枚くらいしか見当たらない。古楽器がまだ取り立たされるはるか以前。1892年ハンガリー生れのテルマーニ(フバイ門下)が何故バッハ・ボウに傾倒したかは不明だが、全く独自で弓を設計した。初めて聴く方には、特に重音部の処理が独特で驚くが、バッハの楽譜をより自然に演奏するために不可欠な方法だったようだ。この和音の同時演奏、三重、四重音を同時に出すことにより、曲は柔らかさを帯び、オルガン的音響を持つと言われる。しかし、この演奏は技法よりもテルマーニの持つロマンチックな音楽性こそが評価される。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきノイズは無い。