CDR009

CDR009ジャケット画像
CDR009レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR009
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス BRUNSWICK
原盤LPのレコード番号
AXTL 1036-41
作品名
バッハ:平均律クラヴィア曲集 第1巻 1~8番
演奏者
R.テュレック(pf)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
紫/金外溝ツヤF,折返紙,1952-3年米DECCA録音(DL 10121-2),1956年頃発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済
この商品の一部を試聴できます

1952~3年米DECCAモノラル録音。1914年アメリカ・シカゴ出身で父親がトルコ人。ジュリアード音楽院卒。S.テルミンにテルミンを、ランドフスカにチェンバロを学び、当初チェンバロでバッハを演奏していた。米ALLEGRO系列が最初のレーベルで、次が米DECCA。その後、英HMVと契約。'50年代中~後期に、現在バッハ鍵盤作品で人気が高いゴルトベルク変奏曲、パルティータ全曲等の録音が行われた。これらは'80年代頃までほとんど注目されなかったが、人気に火をつけたのは日本市場であった。かのG.グールドが唯一バッハ弾きとして認め、また参考にしたという話は本当らしい。平均律のこのテンポ、一音一音の持つ暖かみと滋味。乾いた気分を包んで癒す母性的音色。母なる音楽としてのバッハ。我々の知る最高の平均律であることを改めて思う録音。バラ6枚の英国オリジナル盤を使用。イコライザーカーブ補正済。他はそのままです。但し、オートマチック・カップリングにつき、曲を順番に並べ変えました。大きなキズは無い。