CDR015

CDR015ジャケット画像
CDR015レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR015
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス DECCA
原盤LPのレコード番号
LXT 2766
作品名
Vcリサイタル
演奏者
P.フルニエ(vc)E.ラッシュ(pf)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
金内溝ツヤF,折返紙,1952年ロンドン録音,1953年発売,フォーレ「糸を紡ぐ女」に小5~6回出る小キズあり,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済
この商品の一部を試聴できます

1952年録音。翌'53年発売。「チェロの貴公子」等と呼ばれるピエール・フルニエは1906年パリに生まれ、1924年デビュー。1937年31歳ですでにエコール・ノルマルの教授となる。1940年代よりSP録音があるが、LPはDECCAが最初のレーベル。しかし、バックハウスとのブラームス(`55年)を最後にベーム、ケンプらと共にDECCAを去る。プロデューサー・カルーショウとの対立があったといわれる。DECCAに1952年頃から協奏曲と室内楽数点を残したが、小品集は唯一。その後、英Columbiaに移籍し、やはり2枚の小品集を残した。これがLPで最初の小品集となる。バッハのVcソナタ1番がまるまる入る。落ち着いた品のある表現と深みのある音色は、万人を魅了してやまない。DGGに移ってから失われた力のある重低音もここでは味わえる。イコライザーカーブ補正済。フォーレ「糸を紡ぐ女」に5~6回出るキズあり。