CDR018

CDR018ジャケット画像
CDR018レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR018
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス DECCA
原盤LPのレコード番号
LXT 5304
作品名
「 ELMAN encores 」
演奏者
M.エルマン(vn)J.セイガー(pf)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
金外溝ツヤF,折返コート,1956年ロンドン録音,1957年発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済

どちらも1956年モノラル録音。翌'57年発売。ミッシャ・エルマン(1891-1967)ウクライナ出身。1923年米国市民となる。特別日本で人気のあるヴァイオリニスト。1939年に野村あらえびす氏がエルマン・トーンという表現を用いたのがきっかけという。実際、欧米ではエルマンのSP復刻LPは出ておらず、日本Victorの赤盤が唯一のSP小品集。海外での評価は高くない。ハイフェッツ(1901-1987)と同門で、大きな成功を収めたが、比べるとエルマンの録音は少ない。LPではDECCAに数点を残すが、この2枚の小品集は中でも多くのエルマン・ファンが熱望する録音。確かに絶頂期は過ぎ、そのエルマン・トーンにも陰りが見られるが、それでも超個性的なVnを楽しめる。'60年代に入ると、米Vangardに移籍してステレオ期を迎えるが、オールドファンの耳に耐えられるのはDECCAまでだろう。70歳を超えて生涯現役を貫いたが、1967年4月5日リサイタルのための練習中、急死した。イコライザーカーブ補正済。LXT5304のスメタナで大きく1回出るキズあり。