CDR042

CDR042ジャケット画像
CDR042レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR042
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス COLUMBIA
原盤LPのレコード番号
33CX 1711
作品名
チャイコフスキー:Vn協奏曲
演奏者
L.コーガン(vn)C.シルヴェストリ指揮
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
紺/銀GG,コート,1959年パリ録音,1962年発売,3回目モノ/ステレオ録音のモノラル,ステレオ高額,ネボルシン(1950年モノ)→ヴァンデルノート(1956年モノ)→シルヴェストリ(1959年モノ/ステレオ)

1924年ウクライナ出身。ダヴィット・オイストラフと同郷のユダヤ系ヴァイオリニスト。おそらく、ほとんどの方がオイストラフなら良く名前は聞くが、コーガンは?というのが実状だろう。コーガンは売り込みに疎く、ソ連当局の強力な後ろ盾を持ったオイストラフの影にかすんだ形となった。しかし、その実力はアナログ・ファンなら充分ご承知だろう。コーガンは幸運にも12歳でパリに留学し、ティボーの自宅に居候しながら技術を磨いた。早熟型の天才であったという。そのためか、ロシア人としては例外的に西側録音が多い。愛器グァルネリ・デル・ジェス(1726年と1733年)からこのような澄み切った音を出すヴァイオリニストを他に知らない。メジャー協奏曲を複数回録音しているが、中でもシルヴェストリ/パリ音楽院o.と入れたこの録音(1959年)は、あらゆる点で、またあらゆる面で、いくつかの偶然が重なった超が付く名演と言って過言ではない。惚れ惚れする弦の囁きと情熱、シルヴェストリの勇壮なオケ。超が付く優秀録音。モノ/ステレオ両方の良さを楽しんで頂ければ幸い。特筆すべきキズは無い。モノラルはイコライザーカーブ補正済。