CDR046

CDR046ジャケット画像
CDR046レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR046
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス LUMEN
原盤LPのレコード番号
LD 3438
作品名
バッハ:Vnソナタ B.1017~1019
演奏者
P.マカノヴィツキー(vn)N.リー(pf)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
ステレオ 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
濃緑/銀カマボコF,表コート,1958年?パリ録音,1959年発売,ステレオ録音(シャルラン),モノラル未発売,シャルル・クロ・アカデミー・ディスク大賞受賞

1959年、仏シャルル・クロ・アカデミー・ディスク賞を受賞した録音。アンドレ・シャルランによる最初期ステレオ録音。レーベル下部にその名が誇らしげにクレジットされている。シャルラン最初のステレオか?モノラルの発売は無い。バッハのVnソナタといえば、必ず取り立たされるのがEratoのバルヒェット/ラクロワ。彼等がドイツ的スタイルとすれば、マカノヴィツキーはフレンチ・スタイルと言えるだろう。前者はバッハの峻厳さを見事に表した名演だった。その後で、これを聴いた方は驚かれるに違いない。伴奏はチェンバロではなく、N.リーのピアノ。それもこの演奏の古風な雰囲気を醸し出す。厳しさを直接音ではなく、間接的な感覚として感じさせてくれる。一聴、耳あたりは柔らかく優しげ。しかし、彼の絶妙なヴィブラートがその先に宿るバッハの語らんとした何かを、その入口を見せてくれる。対抗できるのは1曲だけだがレーヴェングートしかいないだろう。特筆すべきキズは無い。