CDR047

CDR047ジャケット画像
CDR047レーベル画像
CDR047レーベル画像2
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR047
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス VEGA
原盤LPのレコード番号
C30A 398-9
作品名
バッハ:Flソナタ全集(8曲)
演奏者
M.デュボースト(fl)R.ジェルリン(cemb)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ ・2枚
価格
2,160 円 (税込)
コメント
灰/白GG,Wコート,1960年前後パリ録音,1960年前後発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済
この商品の一部を試聴できます

存在すら知られていない超珍品と言ってよい録音。そのため、録音年月等全く不明だが、1960年以前と見て間違いないだろう。LP当初から録音の多い曲で名演も多い。しかし、この録音はほとんど謎と言える。ミシェル・デュボースト(デボスト)は1934年仏パリ生まれ。ランパルより12歳年下となるが、活動は早い。1960年ミュンヘン国際コンクール2位(1位はP.マイゼン)。パリ音楽院o.のFl奏者として活動しつつ、多くの仏レーベルに録音を残している。彼の音色はまさにフレンチ・フルートの代表と呼ぶに相応しく、ランパルほどラテン的ではないが、確かに華やぎのある音色。3回の録音を数えるランパルの録音に納得のいかない方には、おそらく我が意を得た音だろう。ドイツ的な渋さは無いが、品の良いラテン風と言えよう。明るいが決して開放的ではない。そんなバランス感覚がこの録音の魅力。まさにフランス的なバッハが浮かんでくる。なお、デボストとする所が多いが、フランス人の発音に最も近いのがデュボーストである。B.1032の第1楽章は元々収録されていません。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無い。