CDR053

CDR053ジャケット画像
CDR053レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR053
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス DF
原盤LPのレコード番号
DF 83
作品名
モーツァルト:Pfトリオ1,5,7番
演奏者
L.クラウス(pf)W.ボスコフスキー(vn)他
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
赤輪青地図内溝F,布張見開,1954-5年パリ?録音,1956年モーツァルト生誕200年記念発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済

すでに有名なVnソナタ全集やPfソナタ全集と同一シリーズ。録音は1954~5年。DF社は来るべきモーツァルト・イヤー(生誕200年の1956年)に向けて、数年前より準備をしていて、トリオでは当時ウィーン八重奏団のメンバーだったVcのニコラウス・ヒューブナーを加えた3人で、Pfトリオ全曲を録音。これで主要な室内楽・器楽が全て揃った。ボスコフスキーとヒューブナーは同僚でウィーンpo.では旧知の仲。クラウスとボスコフスキーは唯一無二のデュオ。当然、トリオの完成度は高い。モーツァルトの笑顔が浮かぶトリオは、この演奏をおいて他にあるまい。曲の良さもさることながら、3人のバランス、ウィーンの風味等、およそ、これを超える演奏は他に無いだろうと確信する。ピアノのクラウスは1942年ニュージーランド公演の途上で、S.ゴールドベルクと共にジャワ島で日本軍に3年近く軟禁されたにもかかわらず、1963~78年までに6回も来日。親日家として知られ、1986年に亡くなった。DF81部分ビニ焼けにより通過音出る所あり。イコライザーカーブ補正済。