CDR062

CDR062ジャケット画像
CDR062レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR062
原盤LPのプレス地域・レーベル
アルゼンチン MUSIC HALL
原盤LPのレコード番号
114 086
作品名
ヴィヴァルディ:四季
演奏者
E.リンデンベルク指揮ウィーン室内o.
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
ステレオ 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
赤/黒中溝PACIFIC GG,表ツヤ厚紙,1959-60年頃のウィーン録音,1960年前後アルゼンチンで発売,フランスでもPACIFIC・レーベルで発売? モノラル/ステレオ録音ノモノラル,RIAAカーヴと思われる
この商品の一部を試聴できます

ヴィヴァルディ「四季」の録音は星の数ほどあるが、この録音をご存知の方で、また評価される方は多くないだろう。まずソリストのワルター・プシャッヒャー(vn)はウィーン交響楽団のコンマスをしていた。指揮者のリンデンベルクは1908年ルーマニア生まれで、後にフランスに帰化した。フランス人ではないので、リンデンバーグではない。ベルリンでH.シェルヘンに師事した後、地元ブカレストpo.の音楽監督を経て、フランス国立放送局の音楽監督として、ODEONレーベルに1950年頃から録音を入れている。後に、パリ音楽院指揮科教授に。この録音は音源不明でORPHEE、Michelange、MondioMusic等数社から出ていて、これはアルゼンチン・プレスだが、ソリスト・プシャッヒャーのウィーン風味たっぷりの独特のソロが何ともいい味を出している。ウィーンとイタリアのミスマッチが不思議な印象を与えるが、当の本人達は気にする様子も無く、情感を込め、ウィーン・スタイルを貫き通す。そこに時代と曲の解釈というクラシック特有の面白さを見出すのである。1960年頃の録音?特筆すべきキズは無い。