CDR063

CDR063ジャケット画像
CDR063レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR063
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス DGG
原盤LPのレコード番号
18 353 DGM
作品名
ベートーヴェン:Vcソナタ3番,変奏曲
演奏者
E.マイナルディ(vc)C.ゼッキ(pf)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
チューリップF,三方折返表コート,1956/5/27-30ドイツ・ハノーファー録音,1957年頃英国発売,ドイツでは18 353 LPMで同時期発売,,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済
この商品の一部を試聴できます

エンリコ・マイナルディ(1897-1976)イタリア・ミラノ出身。地元ヴェルディ音楽院でチェロと作曲を学び、ベルリン国立歌劇場o.のVc奏者として活動。傍ら、E.フィッシャー、G.クーレンカンプとトリオを組みSPにも録音を残す。1933年からベルリン音楽院で師F.ベッカーの後継としてチェロ科の教授になるも、イタリアに戻りローマ・聖チェチーリア音楽院の教授に。M.ペレーニ、S.パルム等を輩出した。2回のバッハ無伴奏は特に有名だが、このベートーヴェンは1955~7年、独ハノーファーのベートーヴェン・ザールにて、同じくイタリアのピアニストで指揮者のカルロ・ゼッキとモノラル録音。プレスが少なく、特に希少なアイテムとして、知る人ぞ知る録音。DGG18352-4LPMの3枚に全曲録音された。しかし、その2年後、フルニエ/グルダのステレオ録音が発売され、2人のデュオはほとんど忘れ去られた経緯がある。モノラルの実在感のある音がマイナルディの滋味深い音色を見事に捉えている。フルニエより力感に満ち、いぶし銀と言ってよい渋い音色で、高らかと豊かにフレージングを唄う。そして、圧巻の重低音が魅力。ゼッキのピアノもキラキラと星のごとく輝く。当2曲は1956年5/27-9(ソナタ)と29-30(変奏曲)。イコライザーカーブ補正済。変奏曲に7回出るキズあり。