CDR065

CDR065ジャケット画像
CDR065レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR065
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス PATHE
原盤LPのレコード番号
DTX 318
作品名
ショパン:前奏曲(12曲),ベートーヴェン:Pfソナタ31番 他
演奏者
F.ピタ(pf)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
濃緑/銀GG,棒付厚紙,1950年代後半パリ録音(スタジオと自宅),1962年追悼発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済
この商品の一部を試聴できます

1962年、24歳で夭逝した女流ピアニスト、フレデリク・ピタ。文字だけのジュベール工房のジャケに入る生涯唯一のLPとなった。A面ショパンの前奏曲とB面ラストのフォーレは、パリ・エコール・ノルマルでのライブ録音。A面冒頭のショパンの夜想曲は指揮者のG.ツィピーヌがテスト録音したテープから起こしたもの。B面ベートーヴェンは自宅での練習を自ら録音したもの。つまり、正規のスタジオ録音ではない寄せ集めを彼女の没年、急遽一枚のLPに編集し追悼盤に仕上げたもの。ジャケ裏にはバルビゼ、コルトー、オーリック、ブーランジェ、P.ジャメ、ツィピーヌ、フーレスティエ等のコメントが寄せられていて、6×8cmの彼女のモノクロ写真が載っている。その空を睨みつけるかのような眼差しに、生き急いだような濃密な人生を感じてしまう。妖気漂うショパンと透徹したベートーヴェンが、妙に穏やかな表情をキリリと包む。クリスタルで透明な響き、音離れのよいタッチが彼女の個性か。何とも不思議な魅力を持った女傑!!イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無い。