CDR072

CDR072ジャケット画像
CDR072レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR072
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス VSM
原盤LPのレコード番号
FALP 573
作品名
ベートーヴェン:交響曲1,2番
演奏者
C.シューリヒト指揮パリ音楽院o.
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
銀大ニッパーF,棒付厚紙,1958年9月パリ録音,1858-9年発売,1957年4月~1958年12月の全曲録音の一つ,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済  

クラシック音楽を聴き込んできた方が、ある日、シューリヒトという指揮者に出会う。おそらく一種、カルチャーショックを受けるに違いない。若い時期、フルトヴェングラーのような濃厚なロマンチシズムに酔うのもいいだろう。しかし、シューリヒトの持つ不思議な魅力は年を重ねた方に理解されるような気がする。ベートーヴェンは全てパリ音楽院o.と1957年4月~58年12月の間に集中的に録音された。当時、フランスはまだモノラル期。しかし今となっては、それが幸いし、ステレオでは表現不可能なオーケストラの力感が万人に伝わる。これを幸いと言わず何とするか。中でも1・2番はプレスが少なく、最も入手難。録音は1958年9月。一度このテンポを知ってしまうと、他が何とも間が抜けて感じてしまう。そして、何度となく繰り返し聴きたくなる魅力があるベートーヴェン。なお、1番のみ1952年ウィーンpo.との旧録あり(LXT2824)。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無し。