CDR074

CDR074ジャケット画像
CDR074レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR074
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス VSM
原盤LPのレコード番号
FALP 199
作品名
ベートーヴェン:Pfソナタ23,21番
演奏者
A.v.バレンツェン(pf)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
銀大ニッパー内溝F,折返紙,1950年前後パリ録音,1950年代発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済
この商品の一部を試聴できます

初めてその名を聞かれる方も多いと思われる。アリーヌ・ヴァン・バレンツェン(1897-1981)。米国マサチューセッツ州生まれだが、生を受けてすぐフランスへ移住。9歳でパリ音楽院に入学。M.ロンに師事。2歳年下のハスキル、Y.ギュラー等と院内で競っていた。これだけなら彼女はパリ音楽院系なのだが、その後ベルリンでドホナーニ、ウィーンでレシェティツキにも師事している為、パリ・リスト・レシェティツキの3つの系譜に属することになる。彼女の録音のほとんどは仏VSMから出ていて、ベートーヴェンが最も早く多い。フランス物を得手としたが、何といってもベートーヴェン弾きとしての彼女は特別だった。ベートーヴェンは全曲録音されたらしいが(SP)、発売LPは数点しかない。仏ガヴォー社のピアノを使用し、音色は暗調だが、その表現力の多彩さはパリのM.ロン一派とは一味異なる。雄弁でスケールの大きな演奏には驚かされる。ラテン系のピアニストと考えると大きな誤りを犯す。実音と音間の比率が同等に感じられる程に間の美学を感じる唯一無二のピアニスト。録音年不明。1940~50年代初期。2曲ともSP復刻又は同時発売。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無し。