CDR081

CDR081ジャケット画像
CDR081レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。CDR制作ポリシーもご一読ください。
ご注文は当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR081
原盤LPのプレス地域・レーベル
ドイツ ARIOLA
原盤LPのレコード番号
12332 P
作品名
バッハ:Vn協奏曲1,2番
演奏者
R.バルヒェット(vn)F.ティレガント指揮
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
ステレオ 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
黄緑/黒F,糸縫見開中入コート,1959年頃ドイツ録音,1960年頃発売,モノラル/ステレオ発売のステレオ,2回目録音,1962年バルヒェット没
この商品の一部を試聴できます

2回ある録音の2回目。実のところ、録音年代は不詳であり、DENONのCDも不詳としている。しかし、バルヒェットは1962年に亡くなっており、1960~1年に同じくティレガントと「ブランデンブルク」全曲、ヴィヴァルディ「四季」等が録音されていること、Ariolaのスタートが1958年、Eurodiscとの合併以前の発売を考えると、1959年頃というのが正しいと思われる。バルヒェットはこの2曲を1954年にダヴィッソンとVOXに初回モノラル録音があり、これは2回目。しかも、2曲入りの最初の発売となる。また、最初にモノラル録音されたB.1043を加えた3曲入り11362Kも存在。同時発売?ジャケット・デザインは同じで、2種用意された。確かに、2曲入りステレオの方が入手は難しいだろう。バルヒェットのソロは前回にも増して孤高の境地に達しており、何人も寄せつけない厳しさと慈愛に溢れた優しさとが同居した、悟りすら感じさせる音を出す。全体にゆっくり目のテンポで、ティレガントの指揮はソロを包み込んでいる。聴き込むほどに味わいを増す名演と信じる。特筆すべきキズは無い。