CDR082

CDR082ジャケット画像
CDR082レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。CDR制作ポリシーもご一読ください。
ご注文は当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR082
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス CLUB FRANCAIS
原盤LPのレコード番号
266
作品名
モーツァルト:Vn協3,4番
演奏者
P.マカノヴィツキー(vn)K.リステンパルト指揮
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
ピンク白F,紙,1961年5-6月ドイツ・ザール録音,1961-2年頃発売,モノラル/ステレオ発売のモノラル,同一番号でモノラルとステレオが存在する

1961年5~6月クリュブ・フランセ録音。20年前にはほとんど知られていなかった1920年ストックホルム生まれのロシア人。パリでJ.ティボーとI.ガラミアンに師事。1929年、すでに9歳にしてパリでデビュー・リサイタルが行われた、天才と言わしめたヴァイオリニスト。1937年にはニューヨーク・デビュー。大戦中は軍人としても戦い、戦後は米国に帰化。ジュリアードをはじめ、いくつもの米国の大学で教授職となる。最も有名な彼のバッハは1954年に出会ったピアニスト、ノエル・リーとのデュオ(他にベートーヴェン、ブラームス)だが、モーツァルトの協奏曲はこの2曲(1枚)しか無い(K.190あり)。しかも指揮はあのリステンパルト。音楽の神ミューズは最初モーツァルトに微笑み、その次にマカノヴィツキーに微笑んだ。これは本当だと思う。天上から舞い降りた作品を今度は天上へお返しするような演奏にはなかなかお目に掛かれない。言葉では語れない感覚の世界。聴けば分かるという世界。聴いた人は幸福をミューズから与えられるに違いない。一言で言って許されるなら、恍惚に誘われる官能美!!イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無い。