CDR085

CDR085ジャケット画像
CDR085レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。CDR制作ポリシーもご一読ください。
ご注文は当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR085
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス PHILIPS
原盤LPのレコード番号
ABL 3213
作品名
モーツァルト:レクイエム
演奏者
K.ベーム指揮ウィーンso.
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
アズキ/銀ミニグルーブKE,表コート,1956年11月ウィーン録音,1956-7年発売,1956年モーツァルト・ジュビリーのための録音,英オリジナル,A 00435 L,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済

1956年という年はモーツァルト生誕200年で、レコード各社はそれぞれ趣向を凝らし、特集や企画を組んだが、最も積極的だったのがPhilipsであった。同社は、モーツァルトの研究で博士号を持ち、さらにモーツァルテウム学院の学長であったパウムガルトナーに監修を依頼。今もってその全貌が明らかになっていないほどの豊かな企画を行った。内容的にも世界中のモーツァルト・ファンが絶賛するモーツァルト・ジュビリー・シリーズ。レクイエムはK.ベームが担当。当時、彼はDECCAに在籍していたが、この年の初め、プロデューサー、カルーショウとの決別で同社を去る。すぐにDGG社と契約するのだが、その間の数ヶ月間にPhilipsにジュビリー録音の為に3枚のLPを残した。その1つがこのレクイエム。彼は1971年4月ウィーンpo.とDGGに2回目録音を行い、通常ベームのレクイエムと言えばそれを指すが、この1956年11月の旧モノラル録音こそベームの真骨頂である。DGGに移籍し、カラヤンのように大量の録音を消化する立場になった。ベームにはこの旧録音の時の情熱は残っていなかった。数あるレクイエムの中でも燦然と光を放つこの録音こそトップグループに残り続ける傑作と信じる。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無い。