CDR086

CDR086ジャケット画像
CDR086レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。CDR制作ポリシーもご一読ください。
ご注文は当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR086
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス VSM
原盤LPのレコード番号
FALP 439
作品名
モーツァルト:アリア集
演奏者
T.シュティヒ・ランダル(s)A.クリュイタンス指揮
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
銀大ニッパー内溝F,棒付ボード,1958年パリ録音,1958-9年発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済

カッサンドル工房デザインのジャケットに入ったランダル・クリュイタンス唯一の共演録音。モーツァルトのオペラにはしばしば登場するテレサ・シュティヒ・ランダルは1929年アメリカ生まれのアメリカ人。1952年ザルツブルク音楽祭への出演で、モーツァルト歌いとして欧州に知られる。特に、ロスバウトとは南仏エクス・アン・プロヴァンス音楽祭でのモーツァルト生誕200年記念録音「ドン・ジョヴァンニ」と「フィガロ」に参加。そのロスバウトに「世界の歌声」とまで言わせたソプラノ。正直、非常に個性的な声質と表情の為、一度聴いたら忘れることは無い。特に、モーツァルトの録音の少ないフランスの重鎮指揮者、クリュイタンスの指揮がさらに魅力を増加。彼女の快い軽やかさは、クリュイタンスも認めたのだろう。アメリカ人とフランス人が手を組んで最高のモーツァルトを作った。1958年の録音で、正規発売で唯一のコンサートアリア。モノラルのみの発売。仏のみ発売?なお、デュクレテにジューヴと入れた1枚と2曲ダブる。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無い。