CDR091

CDR091ジャケット画像
CDR091レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。CDR制作ポリシーもご一読ください。
ご注文は当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR091
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス DECCA
原盤LPのレコード番号
LXT 2732
作品名
ベートーヴェン:Vnソナタ9番「クロイツェル」
演奏者
M.ロスタル(vn)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
金内溝ツヤF,折返紙,1951年ロンドン?録音,1952年発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済
この商品の一部を試聴できます

ヴァイオリニスト、マックス・ロスタル(1905-1991)。当時ドイツ(現ポーランド)のシレジア生まれ。後に英国籍となる。カール・フレッシュに学び、1930年から教師となる。録音が少なく、今では知る人も少ないが、超が付く大物。DECCA、Westminster、MMS、Argoに1~2点づつ録音がある。最後は意外にも1973年Eternaのケンペ/ドレスデン、シュトラウスのドン・キホーテの録音に参加していた。さて、録音の前にロスタルはベートーヴェンのVnソナタを研究し、ロスタル校訂の楽譜が出ている。これら楽譜は今日本でも入手可能。そして、演奏についての解説本まで出ているらしい。録音は1951年。当然、演奏は彼の研究成果を実践したもので、私自身多くのクロイツェルを聴いてきた中で、このLPを聴いた瞬間に、これこそ最高ランクのクロイツェルであると、頭ではなく体全体で悟った。この演奏には考え抜かれ磨き上げられた、感性だけではない長年の試行の果てに到達した境地のようなものが窺える。バランスの見事さも特筆されるが、一音入魂の原則が徹頭徹尾貫かれており、聴く者はそこに心を、いや体全体が共鳴するのだと思う。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無い。