CDR101

CDR101ジャケット画像
CDR101レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。CDR制作ポリシーもご一読ください。
ご注文は当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR101
原盤LPのプレス地域・レーベル
アメリカ REMINGTON
原盤LPのレコード番号
R 199127
作品名
ブルッフ:Vn協奏曲1番Op.26,コル・ニドライ
演奏者
M.オークレール(vn)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
黒金輪F,厚紙,1952年オーストリア録音,1952年発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済,.オークレール28歳!,これより古いプレス存在する?

1952年オーストリア録音。ミシェル・オークレール、美人女流ヴァイオリン奏者として世界的に人気が高い。1924年パリ生まれ。パリ音楽院でJ.ティボーに師事。1943年、19歳でロン・ティボー・コンクールで優勝。ソリストとしてデビュー。1951年、ミュンシュの招聘で渡米、この時の縁で彼女の初LP録音は米Remingtonから出た。チャイコフスキーのVn協、クライスラーの小品集等を録音した。但し、ティボーの指揮でハイドンの協奏曲他のSPはすでにあった(デビュー録音)。その後、DFにバッハ、ラヴェル、ルクレール等を録音。バッハは一時は100万を超える高額盤であった。1960年代初頭にEratoにシューベルトのソナタ全集、1960~70年代にかけてFontanaにモーツァルト、ブラームス、メンデルスゾーン、チャイコフスキー等のメジャー協奏曲を入れ、今もって世界中で人気を博している。このブルッフは28歳の時の録音で、仏Concerteumからも出ているが、米・仏どちらも盤質の良いプレスは極めて少なく、今回、米プレスの美品が入荷したので、それを使用した。女ティボーの異名を持つほどの師譲りの繊細でデリケートな表現力。楚々としたしなやかさの中に香気と華やぎを感じさせる彼女の芸風は、まるでSP時代のスタイル。それをLPで聴ける特別な時期。今回のCD-Rにもそれが再現されることを願う。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無し。