CDR102

CDR102ジャケット画像
CDR102レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。CDR制作ポリシーもご一読ください。
ご注文は当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR102
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス VSM
原盤LPのレコード番号
FALP 850-1
作品名
ブルックナー:交響曲8番
演奏者
W.フルトヴェングラー指揮ベルリンpo.
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ ・2枚
価格
2,160 円 (税込)
コメント
白SCニッパー,箱,1949/3/14ベルリン・ダーレム・ゲマインデ・ハウス録音,1960年頃発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済,ドイツ・Electrolaでは擬似ステレオで発売,真正モノラル初期盤はこれのみ,ハース版使用

4種ある8番のうち、1949年3月14日のベルリン・ダーレム・ゲマインデ・ハウスでの録音。翌15日にもティタニア・パラストで同曲を録音している。14日の方が全体で2分程時間が長い。但し、テスタメントのCD以外のLP・CDは第3・4楽章に15日の録音を部分的に使用しているらしい。ハース版(但し改訂版も引用)を使用した放送用の録音だった。15日は演奏会用のライブ。当時、フルトヴェングラーは独ブルックナー協会の総裁を務めており、他の曲同様、相当の思い入れの激しい演奏である。この録音は1960年代以降の演奏に比べ、テンポが速いことが指摘されるが、それは数字の上であり、テンポを絶妙に操る彼の手法は自然な流れに感じられる。また、彼は版を随分と研究していたようで、1939年ハンブルクにて、最初にハース版を用いて演奏したようだ。この録音ではハース版を用いるも、第3楽章に9小節のカットがあり、その後に改訂版を使っている部分がある。さて、プレスは独Electrola社が1960年頃、擬似ステレオで発売したが、今となっては表面隆起の問題もあり、存在を確認するレベルの盤になってしまった。同じ頃に出た仏FALPは高額で、状態の良いプレスがほとんど無いが、今回、奇跡的美品を入手。CD-R化に踏み切った。圧倒的なこの演奏を安価に提供できることをうれしく思う。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無し。