CDR040

CDR040ジャケット画像
CDR040レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR040
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス VSM
原盤LPのレコード番号
ASDF 105-6
作品名
ベートーヴェン:交響曲9番,8番
演奏者
A.クリュイタンス指揮ベルリンpo.
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
ステレオ 12インチ ・2枚
価格
2,160 円 (税込)
コメント
銀大ニッパー段付GG,箱,1958/10/22ベルリン・グリューネヴァルト教会録音,1958-9年発売,モノラル/ステレオ録音のステレオ,ASD未発売,モノはFALP 527-8,1957-60年全集録音の一つ
この商品の一部を試聴できます

時は1958年10月。ベルリン・グリューネヴァルト教会。音響技師ホルスト・リントナーによるステレオ録音。すでに1955年、客演で6番「田園」を振って、初めてクリュイタンス/ベルリンpo.の共演した録音が世に出ていた。当時、ベルリンpo.はフルトヴェングラーが亡くなった翌年で、カラヤンが同年4月、終身常任指揮者に就任。混乱を極めていた。Electrola社はベートーヴェン全集をまだ団員達に信頼の無かったカラヤンではなく、第三者であるクリュイタンスに任せたのも'55年の「田園」の成功があったからだろう。こうしてベルリンpo.最初のベートーヴェン全集を任されたクリュイタンスは、1957-60年までに全曲録音を果した。これはそのような状況の下で録音された。まだフルトヴェングラー色の残るベルリンpo.からこのような音を引き出した彼の手腕は奇跡と言うほかはない。ドイツ色を消し、シューリヒトを思わせるような引き締まって、しかも厚みのある第9は団員達も驚いたに違いない。指揮者の格を見せつける録音だった。後年、カラヤンも全集を入れたが、あまりの落差に驚く。クリュイタンスは結局この一度きりで、以降カラヤンの出す音がベルリンpo.となってゆく。指揮者の力を見せつける圧巻の第9!特筆すべきキズは無い。