『ヴィンテージ・アナログの世界』
レコード・レーベルの黄金期 ~ポーランドMUZA編~
(BIOCITY第68号掲載)

前回紹介した東欧7ヵ国のレーベルを解説するシリーズ、
まず第一弾はポーランドの「ムーザ(MUZA)」を取り上げる。

東欧最北に位置するポーランド。同国のレコード生産の歴史は
隣国ドイツ「オデオン」のワルシャワ支社としてSPを製造したのが始まり。
その後、1954~56年に国営企業である
「ポルスキエ・ナグラニア・ムーザ」が設立されると本格化した。
会社名は直訳で「ポーランドの、録音記録、ミューズ(芸術の神々)」といった意。

社名の最後の単語「ムーザ(MUZA)」をレーベル名とし1991年の解散まで使用した。
クラシック部門ではその後、三つのサブ・レーベルが追加されていく。

発足時にプロデューサーとして作曲家/音楽学者のリシャルト・シエリツキを迎え、
会社の命運を賭けてジャズ、ロック、ヘヴィメタルなど幅広い分野に進出。
特に「ポルジャズ」ほか五つのレーベルを持つジャズ部門は、
アメリカで人気を博し世界的レーベルへと成長していく。

最盛期にはクラシックを含めた12のレーベルを擁する企業に成長した。
これは小国のレーベルとしては異例の成功といえるが、
分野拡大の背景には1950年代のポーランドの事情がある。

当時、クラシック界で名声のある音楽家は既に海外に流出しており、
西欧やアメリカのメジャー・レーベルで活躍していた。
その反面、国内のオーケストラは隣国のドイツやソ連に比べ
かなりの薄給で常に人材不足に悩まされていた。
そういった状況下でも国営レーベルの威信を賭け
作品を産み出し続けてきた人々の情熱を当時のラインナップから感じる事ができる。

とくに1956年に新体制へと転換すると、
彼らは国内の人材だけでカタログの骨格となるベートーヴェン交響曲全集を企画。
ヴィトルド・ロヴィツキとスタニスワフ・ヴィスロツキ、
この二人の指揮者で全集録音が果たされた。

ピアノでは、第四回ショパン・コンクール(1949年)優勝者の
ハリナ=チェルニー・ステファンスカ、
同じく第五回(1955年)優勝者のアダム・ハラシェヴィチ、
政治家として首相の経験も有るイグナツィ・パデレフスキ、
「戦場のピアニスト」の主役として知られるウワディスワフ・シュピルマンなど、
この国ならではの個性派揃いの録音が残されている。

ヴァイオリンでは作曲家シマノフスキの自作自演、
彼の弟子ワンダ・ヴィウコミルスカ、ロマン・トーテンベルク、
ブロニスラフ・ギンペルの名が挙げられるだろう。

注目すべきは1959~1960年、ショパン生誕150周年企画として
ピアノ作品全集が”自国の精鋭たちで”進められ完成したことである。
これはLPにして25枚にもおよぶ偉業となった。

当時国際的に無名だったピアニストたちは国内に残り、
後進の育成に生涯を捧げ「ポーランド派」なるスタイルを作り上げた。
今でもヴィエニャフスキ、シマノフスキ、パデレフスキらの曲は、
ムーザの録音が最も信頼の置けるとされ、高い人気を誇る。
また、ショパン・コンクールの録音をLP化し海外配信する仕事は
ムーザにしかできない重要な役割となった。

ムーザは1970年代に入るとタイトルを増やし、
時には自国のみならず外国の音楽家の録音なども加え、
規模こそ小さいが魅力ある個性的なレーベルと認知されるまでに至った。 

最後にショパンその人について。
彼は20歳で出国し、名作の大半をパリで書き上げた。
二度と故国の土を踏むことはなく、遺骨だけが姉の元に帰還する。
彼の人生が「ムーザ」を雄弁に物語っている。


本記事の関連レコードはこちら
 ※店頭在庫はジャケット画像をクリックし、
弊社ホームページよりご確認ください


 W.ロヴィツキ指揮/ポーランド放送交響楽団
ベートーヴェン:交響曲7番Op.92


 Z.ドルゼヴィエツキ,H.シュトンプカ(pf)
「夜想曲集 1」
ショパン:夜想曲1~9番,19番,20番



 I.J.パデレフスキ(pf)
「ドキュメント1910」
ベートーヴェン,メンデルスゾーン,パデレフスキ,
リスト,ショパン,シューベルト



 G.オールソン,内田光子,P.パレチニ,
E.インジック,N.ガヴリロワ,J.オレイニチャク(pf)
「1970年ショパンコンクール」
ショパン:Pfソナタ2番,マズルカOp.17-1,夜想曲Op.48



 R.スメンジャンカ(pf)
「ポーランドPf作品集」
オギンスキ,ヤニェヴィチ,レッセル,シマノフスカ



 
 H.チェルニー・ステファニスカ(pf)
J.クレンツ指揮/ポーランド放送交響楽団
ベートーヴェン:Pf協奏曲2番Op.19,グリーグ:Pf協奏曲Op.16



*本記事は雑誌「BIOCITY」に掲載された記事のWEB版です
詳しい内容は是非誌面をご覧ください、
購読・バックナンバーのお問い合わせは以下です

株式会社ブックエンド 
東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 #300 
Tel. 03-6806-0458  Fax. 03-6806-0459 
『ヴィンテージ・アナログの世界』
レコード・レーベルの黄金期 ~東欧レーベル序文~
(BIOCITY第67号掲載)

第一回の記事では東独のレーベル「エテルナ」を紹介したが、
その東独エテルナも含めた「東欧諸国」のレコード業界の全体像を
前回紹介したロシア(ソ連)の「メロディア」との関連のなかで見ていこう。

ここで言う「東欧」とは1950年~80年代当時にLP生産を行っていた
ポーランド、チェコスロバキア、ハンガリー、ルーマニア、
ブルガリア、ユーゴスラビア、東ドイツの7ヵ国である。

今では存在しない国も幾つかあるが、
これらを一つのグループとして知っておくと
その先に見える各レーベルの「特質」が一層はっきりしてくる。

1950年~80年代、すなわちLPの生産時期と重なるこの時代、
上記の7ヵ国はソ連の衛星国として社会主義体制の壁の役割を担っていた。
レコード生産も当然、計画経済に組み込まれた活動の一環であり、
東ドイツと同様、一国一企業(=国営企業)に託されていた。

この共通項こそが西側レーベルとの最大の相違点であり、
東欧レーベルのアイデンティティでもある。
西側の資本主義の中では売れないレコードは作られないが、
東欧ではどのような目的でレコードが作られたのだろう。
…それは、各レーベルのラインナップを読み解くことで理解できる。

東欧レーベルに共通しているのは、
政治的な関与によって一見でたらめとも思えるような偏りや、
采配の振幅の大きさが有ること。
これこそが東欧レーベルを、西側ではあり得ない独自の世界観を持つ
個性豊かなレーベル群に発展させた最大の要因だろう。

各国のレーベルは以下の通りである。

 ・ポーランド「ムザ(MUZA)」
 ・チェコスロバキア「スプラフォン(SUPRAPHON)」
 ・ハンガリー「フンガロトン(HUNGAROTON)」
 ・ルーマニア「エレクトレコード(ERECTRECORD)」
 ・ブルガリア「バルカントン(BALKANTON)」※QUALITONから改名
 ・ユーゴスラビア「ユーゴトン(YUGOTON)」
 ・東ドイツ「エテルナ(ETERNA)」

個々のレーベルはどれも小規模で種類も限られ、しかもローカル色が強い。
その背景の一つには、有名音楽家の亡命がある。
彼らは、国の威信をかけて海外での公演を行うが、そのぶん亡命の機会も与えられる。

かくして、才能がどんどん西に流出してしまう。
「ニッパー犬」で知られる世界レーベル「HMV」には東欧出身の音楽家が非常に多い。
国に残った薄給の音楽家、自由のない運営では基盤となるオーケストラが育たず
国民が音楽文化を楽しめるレベルには到底いたらない。

だがその一方で、
ソ連および東欧諸国は独自の経済圏を作り互いに連携することで
レコードにおいても(一国では貧弱なカタログでも)、
各国が集まり豊富なラインナップを揃えることができた。

たとえば、チェコスロバキアの首都プラハのレコード店では
ソ連、ポーランド、東ドイツなどのレコードを
自国のレコードと大きく変わらない価格で購入でき、
その価格自体が西側に比べて非常に安価であった。

ちなみに、日本における東欧レーベルの扱いはどうだったか。

米国、英国録音の紹介を中心とした日本のレコード会社のなかで、
東独エテルナ社のレコードが「徳間音工」から1970年代に出ている。
「キングレコード」もハンガリーの録音を、
また「デンオン」がチェコと共同制作など行っていたが、
古い音源の日本盤を発売していた記憶はほとんどない。
社会体制の違いはここにも影を落としていた。

次回以降、既に書いたエテルナを除いた
6つのレーベルについて順に紹介していこう。



本記事の関連レコードはこちら
 ※店頭在庫はジャケット画像をクリックし、
弊社ホームページよりご確認ください



 
【MUZA】
ワルシャワ・クインテット
ザレンブスキ:ピアノ五重奏曲

 
 
【SUPRAPHON】
V.ターリヒ指揮チェコ・フィルハーモニックo.
ドヴォルザーク:スラブ舞曲



 【HUNGAROTON】
D.コヴァーチュ(Vn)
E.ルカーチ指揮/ブダペスト交響楽団
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲2番



【ELECTRECORD】
J.ジョルジェスク指揮/J.エネスク・フィルハーモニー
ベートーヴェン:交響曲7番



 【BALKANTON】
P.ラデフ(cl)L.D.クリストヴァ(pf)/ブルガリア国立放送交響楽団
ドビュッシー:Clのための狂詩曲,フランク:交響変奏曲
サン・サーンス:動物の謝肉祭

 
 【YUGOTON】
V.クルパン(pf)
ベートーヴェン:ピアノソナタ集


*本記事は雑誌「BIOCITY」に掲載された記事のWEB版です
詳しい内容は是非誌面をご覧ください、
購読・バックナンバーのお問い合わせは以下です

株式会社ブックエンド 
東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 #300 
Tel. 03-6806-0458  Fax. 03-6806-0459 

レコード・レーベルの黄金期 ~露メロディヤ編~

『ヴィンテージ・アナログの世界』
レコード・レーベルの黄金期 ~露メロディア編~
(BIOCITY第66号掲載)

レーベル特集の第二回となる今回は、
ロシア(ソ連)のレーベルから「メロディア(MELODIYA)」を取り上げる。

LPの歴史は東西冷戦の時代と重なっており、
当時のソ連を欧州レーベルと、ひとまとめにすることはできない。
多くの点で英国、ドイツ、フランスなど西側レーベルとは規格が異なるからだ。

アメリカと世界を二分してきた大国であり芸術発信の超大国でもあるソ連は、
少なくとも1980年時点で5万種、20億枚以上のLP生産を行なっていたとされる。
しかし、その実態は今もってベールに包まれ謎に満ちている。

東欧諸国と同様、ソ連のレコード会社は国営企業であるメロディアのみである。
ただし、これはメロディア・レーベルに統一された1964年以降のことで
それ以前はレコーディング・スタジオが存在した各都市、
モスクワ、レニングラード、リガ、タリン、ビリニュスの五か所に工場があり
異なるレーベルで生産を行なっていた。

そのためメロディア統一以前には、少なくとも10種のレーベル名が存在し、
112種以上の異なるレーベル・デザインが作られた。
これらを「プレ・メロディア」と呼ぶ。 

1964年に国営企業に統合されると、類似したデザイン10種に絞られた。
どのデザインにも「MELODIYA」のキリル文字が円弧状に配置されている。
これら全てのロシア・レーベルを「メロディア」として扱うことが
西側の識として運用されてきた。

日本に入ってきたのは1970年代の新譜からで、レーベル・デザインも数種のみだった。
当社は20年以上西側経由で輸入してきたが、
それでも全容解明には程遠いのが現状である。

ロシア(ソ連)におけるLP生産は西側と同様に1951年からである。
1919年に生産が開始されたSPは、1970年頃まで家庭で楽しまれていたらしい。
そのため、ロシアのSPとLPは同じLP用の針で再生可能な場合が多い。
ステレオ録音も1961年から始まるが、数は限られる。
モノラルが主力のレーベルといえるだろう。

ジャケットは1970年代後半まで汎用のカラーデザインが印刷されただけの、
貧相そのものといった風の紙袋で、レーベル面を見なければ収録曲もわからない。
更には、その袋も直ぐに破れてしまい外装だけでは商品価値が伝わってこないのだ。

しかしひとたび聴けば、その高品位な芸術性と最高ランクのモノラル再生音によって、
「メロディア」の虜になり「メロディア」しか集めなくなるレコードマニアが相次いだ。
それほどに旧ソ連には高度なクラシック演奏があまた存在していたのであり、
我々はいまやその一端を知ることしかできない。 

お国柄ロシア作品が中心と思いきや、ベートーヴェン、ブラームスなどの古典派、
ロマン派からバロック、現代作品まで実に幅広い。

なかでもピアニストの層の厚さは圧倒的で
1992年に佐藤泰一氏が著した『ロシア・ピアニズムの系譜』は
2006年増補版が出版され、日本にロシアン・スクールのブームを起こした。
この書によって初めて、ピアノ世界がロシア人抜きで成立しないことを知ったのである。

近年では、これらの一部がCDでも発売されファンが広がっている。
「メロディア」はこれから研究される対象であり、
あと10年早くソ連が崩壊していたなら
クラシックレコードの世界は別の様相を呈していたにちがいない。


本記事の関連レコードはこちら
 ※店頭在庫はジャケット画像をクリックし、
弊社ホームページよりご確認ください



 D.オイストラフ(vn),I.オイストラフ(vn)R.バルシャイ指揮/モスクワ室内管弦楽団
バッハ:vn協奏曲2番 BWV.1042(D.オイストラフ)vn協奏曲BWV.1052(I.オイストラフ)



ロジェストヴェンスキー指揮/ソビエト国立管弦楽団
プロコフィエフ:交響曲4番



 E.ギレリス(pf),R.バルシャイ指揮/モスクワ室内管弦楽団
モーツァルト:ピアノ協奏曲21番,ハイドン:ピアノ協奏曲ニ長調



 R.バルシャイ指揮/モスクワ室内管弦楽団
モーツァルト:ディヴェルティメント7番,アルビノーニ:協奏曲,ヴィヴァルディ:合奏協奏曲



 L.ギンスブルク指揮/ソビエト放送交響楽団
N.ラヴィノヴィチ,K.エリアスベルク指揮/レニングラード放送交響楽団
メンデルスゾーン:序曲集
 


K.コンドラシン指揮/モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第四番



*本記事は雑誌「BIOCITY」に掲載された記事のWEB版です
詳しい内容は是非誌面をご覧ください、
購読・バックナンバーのお問い合わせは以下です

株式会社ブックエンド 
東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 #300 
Tel. 03-6806-0458  Fax. 03-6806-0459