クラシック音楽と録音技術の歴史 No.4

『ヴィンテージ・アナログの世界』
クラシック音楽と録音技術の歴史 No.4
(BIOCITY No.56掲載)

録音技術の歴史を辿ってきた本シリーズ。
最終となる今回は、デジタル期について触れてみたい。

デジタル録音は、1969年に日本コロムビアとNHKが
世界に先駆けて共同開発した「PCM技術」に端を発する。
1972年にはPCMデジタル録音されたアナログLPが発売され、
1980年頃には数社からデジタル・ステレオ録音のアナログLPが発売されている。

皮肉にも、デジタル技術を音楽に応用し始めたのは日本だったというわけだ。
また、当初の再生メディアはデジタル…すなわちCDではなかった。
その後、1982年にソニーとフィリップス社が共同開発した
12センチの光ディスク「CD(Compact Disc)」が世に出る。

そもそも、なぜ録音をデジタル化する必要があったのだろうか。
一言でいえば「制作者(供給)側にとって都合が良かったから」だ。
デジタル化は、レコードメーカーに分割録音を含めた編集作業の効率化や、
コストがかかっていたジャケット制作を含めた、
製造・保管・流通の簡略化を実現させた。
そして、レコードメーカーの親社会である音響メーカーには、
新規の再生装置の需要拡大へと繋がる大きなメリットをもたらした。

消費者には利便性のみが大きく宣伝され、
この30年の間に、LPは処分され、CDへの買い変え需要が起こり、
その過程でメーカーには莫大な富がもたらされた。
そして、それこそが供給側の狙いであった。
今や、LPは過去の遺物となっている(1990年に製造中止)。

歴史上もっとも長寿なメディアとなったCDだが、
現在は、スティーブ・ジョブスらの登場で発展した、
パソコンを介在させた半導体メモリ(iPodなど)や、
インターネットのダウンロード販売(iTunesなど)に、
その存在意義を脅かされている。

登場から40数年で黒い塩化ビニール「LP」の歴史は幕を閉じた。
そして、今に至るまで「音楽の値段」は下がり続け、
メディアに関して言えば一分間当たり数万円から、今や数円程度になってしまった。

注・当記事は2013年に書かれたものだが、
  2019年現在、月額制の音楽配信サービスなどの定着により、
  音楽の値段は更なる下落を続けている。


演奏者も録音者も、たった三分間に全身全霊で打ち込んだ「SP」
Long Playingの達成によりオーケストラを一枚に収めた「モノラルLP」
技術の革新により音が広がりを持った「ステレオLP」
その登場と共にレコード・プレーヤーと針を葬った「CD」

そして、そのCDさえ趨勢は一時の物だったことが分かりつつある。
音楽は限りなく無料に近づき、その質的価値も著しく下がった。
供給側の都合が推し進めたメディアの度重なる変更は、
最終的に音楽の質の劣化を招いたのだ。
こういった事に気付くのは、たいてい新しいメディアへの熱が冷めた頃である。
CDというメディアが前三者より優れている点は、利便性と価格でしかない。

しかし、視点を変えると我々には大きく四つの選択肢があるとも言える。
現在の感覚では高額で手間が掛かるものだとしても、
心を揺さぶり人生観まで変えてくれるような音楽に出会いたければ、
メディアの歴史を遡ることで可能になるのだ。

このことを最後にお伝えして、
「クラシック音楽と録音技術の歴史」と題した本シリーズを終えよう。


以下、デジタル録音で収録されたLP2点と、
メディアの変遷に対応したベートーヴェン「運命」のSPおよびLPを紹介する。


ニュー・イヤー・コンサート1979
W.ボスコフスキー(vn)指揮ウィーンpo. 


 ニュー・イヤー・コンサート1980
L.マゼール指揮ウィーンpo.
こうもり序曲,,美しく青きドナウ,ラデツキー行進曲 他13曲


 F.ワインガルトナー指揮ロイヤルpo.
ベートーヴェン:交響曲5番Op.67「運命」


 H.v.カラヤン指揮po. E.シュヴァルツコプフ(s)
ベートーヴェン:交響曲5番「運命」
歌劇フィデリオより「悪者よ、どこへ急ぐ」


H.v.カラヤン指揮ベルリンpo.
ベートーヴェン:交響曲5番Op.67「運命」


H.v.カラヤン指揮ベルリンpo./ウィーン楽友協会cho. 
J.ペリー(s)A.バルツァ(a)V.コール(t)J.v.ダム(br)
ベートーヴェン:交響曲5番Op.67「運命」,9番Op.125「合唱」


*本記事は雑誌「BIOCITY」に掲載された記事のWEB版です
詳しい内容は是非誌面をご覧ください
購読・バックナンバーのお問い合わせは以下になります

株式会社ブックエンド 
東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 #300 
Tel. 03-6806-0458  Fax. 03-6806-0459 

クラシック音楽と録音技術の歴史 No.3

『ヴィンテージ・アナログの世界』
クラシック音楽と録音技術の歴史 No.3
(BIOCITY No.55掲載)

1950年代、盛んに流通したモノラルLPだが、
10年を待たずして新技術「ステレオ」にその座を取って代わられた。
1958年にステレオLPが市場に出回り始めると、1968年にモノラルは生産中止となる。
この、ステレオがモノラルに取って代わるまでの約10年という移行期間、
レコード店には同じLPがモノラルとステレオの二種用意されていた。
(ちなみにステレオの価格は五割増しとなっていた)

録音技術の歴史の第三回となる今回は、
実用と鑑賞の両面からステレオについて探っていきたい。

そもそも「ステレオ」とは、左右から出た異なる音が中央で像を結び、
人間の二つの耳に対応して立体的に感じられる方式である。
モノラルに比べると革新的な進歩であると言えるだろう。
レコード会社は新技術に、音響メーカーは装置の需要にそれぞれ沸き、
消費者も抵抗なく受容したため、一見すべてが円満であったかのように見える。
しかし失ったものも少なくなかった。

同じ装置で同じLPをモノラルとステレオで聞き比べれば分かるが、
ステレオの音は横に広がりを持つ一方で密度を失い隙間だらけなのである。
オーケストラではそれなりの効果を持つが、室内楽やピアノソロなどには適さない。
また、オーケストラでさえ、多くが力強さ・迫力の面ではモノラルに劣る。
更に言えば、そのステレオ効果を享受するベストポジションは、
おおよそ椅子一つ分と限定的で、そこから外れると効果は激減してしまう。

SP~モノラル~ステレオと方式が変わるたび、
同じソフトの買い替え需給によって業界は発展した。
結果、ある家庭ではフルトヴェングラー指揮の第九が
数種のメディアで存在する事となる。
ここには、供給側の都合が消費者の選択肢を奪っていった背景も垣間見える。

他方で、ステレオの登場にはメリットもあった。
特に英デッカ(DECCA)社が開発し1958年から発売された「ffss方式」は
空間中に広がるスッキリとした音の洪水で人々を驚かせた。
(ただし約400タイトルで終了し、シリーズは一般的で自然な音質へと変更された)

つまり、生の音楽の再現というより、
濃密な味付けが可能なオーディオ的娯楽として一種の趣味世界を作り上げ、
「オーディオは生演奏とは別」という理解を定着させたのだった。
その後、ステレオはデジタルに進化しCD出現の基盤となるが、これは次回に譲ろう。

日本ではSP用の蓄音機は普及していたが、
敗戦期の混乱と重なったため、モノラル用装置は殆ど広まらなかった。
そのため、モノラルレコードの真価を知る人は少ないのが現状だ。
ステレオ再生装置が普及したのも、東京オリンピック以降のこと。
筆者が中学生の頃、友人の中で医者の息子の家にだけステレオがあり、
早く大人になって自力で購入したいと夢見ていた。

モノラルと併売されていた時期のステレオLPレコードは、
ステレオであることが目立つ様に各社工夫を凝らしたロゴマークが効果的に使われた。
そして1970年代にモノラルが姿を消すと、自然とロゴも簡略化された。
ちなみにアメリカ系レーベルでは強調されたロゴが多く、欧州系は控えめ。
ジャケット自体も、イラストなどの凝ったデザインが主流だったモノラル期に比べ、
ステレオ期では写真の仕様が主流となった。

以下に、代表的なステレオ期のレコードを6枚紹介しよう。


K.フラグスタート(s)G.ショルティ指揮ウィーンpo.
ワーグナー:ワルキューレ第3幕,第2幕より 


 E.アンセルメ指揮スイス・ロマンドo.
アルベニス:イベリア(アルボース編)
トゥリーナ:交響詩「幻想舞曲集」Op.22


 F.ライナー指揮シカゴso.
ベートーヴェン:交響曲7番Op.92
フィデリオ序曲Op.72b


R&G.カサドシュ(pf)/フランス4手Pf曲集
ドビュッシー:小組曲,フォーレ:ドリー,
サティ:梨の形をした3つの小品,
シャブリエ:3つのロマンティックなワルツ 


 A.ドラティ指揮ロンドンso.
チャイコフスキー:1812年,
ベートーヴェン:ウェリントンの勝利

F.コンヴィチュニー指揮ベルリン国立歌劇場o.cho. 
M.シェヒ(s)S.ヴァーグナー(ca)R.ショック(t)G.フリック(bs) 他
ワーグナー:さまよえるオランダ人(ハイライト)


*本記事は雑誌「BIOCITY」に掲載された記事のWEB版です
詳しい内容は是非誌面をご覧ください
購読・バックナンバーのお問い合わせは以下になります

株式会社ブックエンド 
東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 #300 
Tel. 03-6806-0458  Fax. 03-6806-0459 

クラシック音楽と録音技術の歴史 No.2

『ヴィンテージ・アナログの世界』
クラシック音楽と録音技術の歴史 No.2
(BIOCITY No.54掲載)

どこにいても好きな時に好きな音楽を楽しめるのは、
先人が開発した録音・再生技術の恩恵にほかならない。

1950年以前は前回紹介したSPが録音・再生メディアの主流だったが、
1950年頃からCDの出現する1980年頃までは、LP(Long Playing)の世であった。
歴史的、技術的な話は割愛するとして、
「LPはCDより音が良い(らしい)」という認識は、
今や、噂や風聞の域を超えて通説となった。

現にここ数年、LPの生産量が前年比で倍増となった、
音響機器メーカーがレコードプレーヤーを増産している...etc
こういった話題が新聞、雑誌を賑わせている。
40代以上の方なら、身近にLPやEPシングル盤があった時代の記憶も鮮明だろう。

CDが発売され早や30年が経過したが、このCDからLPへという逆行現象は、
かつてSPがLPへと移り変わっていった時とは、なにか異なる。
メーカーもCDに見切りをつけ、ハイレゾ録音やSACDなどといった
特性を改良した高額なメディアで乗りきろうとしているようだが、
そのような物では対応できまい。

人間の感覚は、100年や200年では変わらないはずだ。
今、いくつかの異なるメディアを鳥瞰すると、
LPは感性的にも取り扱い的にも、ちょうどバランスが取れていると言えよう。

また、クラシック音楽の演奏史において、
1950~60年の10年間が『黄金期』とされる事実を考慮すれば、
LP、それも前半の「モノラル期」が全ての要素において、
ベストなメディアで有ることを疑う余地がない。

コピーに極めて弱いアナログ音源の性質上、録音された時の方式がベストなのだ。
更に言えば、モノラルの音にはステレオではかなわない実在感がある。
人間が快いと感じる音質と技術との奇跡の蜜月であった10年である。
モノラルのLPが市場に出回り始め、たった7~8年でステレオが世に出た。
これもひとつの技術革新ではあったが、その話は次回に譲ろう。

さて、「LPは音質が良い」というのは本当か?
正しくは、SPには劣る。SP音源のLP化されたものを聴き比べれば「一聴瞭然」である。
それではCDと比較するとどうか?これは個人で簡単に実証できる。

パソコンとオーディオ・インターフェイス(ADコンバータ)を使って、
LPの音をCDに焼いてみれば、判断がつく。
出来上がったCDが再生する音がいかに劣化しているか、愕然とするだろう。
CDというメディアは確かに便利であり、選択肢のある社会は豊かだ。
ただし、音楽にこだわる方は迷わず「LPに戻る」という選択肢を選ぶといい。

コンピュータのようなデータを扱う技術と、
音楽のような感性を扱う技術は、分けて考える必要がある。
それなのに何故か一緒にされていことが、全ての誤りの出発点だろう。
音楽に用いるメディアは、選挙では決まらない。
メーカー(供給側)の都合で決まってしまうものなのだ。

下記にモノラル期のLP6点を推薦しよう。
この時期は以前紹介したカッサンドル工房と同様に、
イラストによるジャケット・デザインが主流を占めていた。

 F.コンヴィチュニー指揮ゲヴァントハウスo.
ベートーヴェン:交響曲3番「英雄」


 A.トスカニーニ指揮NBCso./ロバート・ショウcho. 
E.ファーレル(s)N.メリマン(ms)J.ピアース(t)N.スコット(bs)
ベートーヴェン:交響曲9番Op.125「合唱」,交響曲1番Op.21


 W.シュヒター指揮ベルリンpo.
L.リザネク,E.グリュンマー,Eケート(s)
S.ワグナー(a)G.ナイトリンガー(bs)J.トラクセル(t)
シュトラウス:ばらの騎士(ハイライト)


 E.オーマンディ指揮フィラデルフィアo. A.ヒルスベルク(vn)
リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェヘラザード」Op.35


 A.ナヴァラ(vc)C.シルヴェストリ指揮チェコpo.(ラロ),
E.ベルナートヴァー(pf)V.スメターチェク指揮プラハso.(フランク)
ラロ:Vc協奏曲,フランク:交響的変奏曲


A.ボールト指揮ロンドンpo./cho. 
J.ヴィヴィアン(s)N.プロクター(ca)G.マラン(t)O.ブラニガン(bs) 他
ヘンデル:メサイア(ハイライト)


*本記事は雑誌「BIOCITY」に掲載された記事のWEB版です
詳しい内容は是非誌面をご覧ください
購読・バックナンバーのお問い合わせは以下になります

株式会社ブックエンド 
東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 #300 
Tel. 03-6806-0458  Fax. 03-6806-0459