カッサンドルのレコード・ジャケット No.4

『ヴィンテージ・アナログの世界』
カッサンドルのレコード・ジャケット No.4
(BIOCITY No.52掲載)

カッサンドルが残したレコード・ジャケットについて、
四つに大別したモチーフ(文字・フレーム・イラスト・写真)で考察してきたが、
最終回となる今回は最後の『写真』を取り上げる。

この四つのモチーフは時系列順でもある。
実のところ、カッサンドル自身が制作した写真ジャケットは僅かしかない。
前回書いた通り、1950年頃から8年ほどの制作期間を過ごした後、
1959年に助手であったシルヴィ・ジュベールに仕事を託し、
一線から身を引いてしまった為である。
この1959年頃から始まったのが写真を使ったジャケット制作である。

写真ジャケットの一つの特徴として、
ジャケット下部に工房名と共に「メルキュール・ED・パリ」のロゴが入っている。
つまり、レコード・ジャケットは写真家とのコラボレーションの場となったのである。

カッサンドルの後を引き継いだジュベールの工房は、
当初こそ先代と同様に文字やイラストの手法を踏襲していたが、
カリスマを失った工房に新鮮さは無くなり、簡易な「写真ジャケ」に中心を移してゆく。
初歩のデザイン知識さえあれば低コストで量産できる、
そんな写真ジャケに流れていったのは必然だったのだろう。

カッサンドルは引退直前の1958年から1959年にかけて、
数点の写真を使ったデザインを残した。
これらの作品には演奏家の意思を伝える力があり、
たとえ写真を素材としていてもデザインのプロとしての意地を感じさせる。

ただし、同じ手法は多用できない。
カッサンドルはこの時、写真という素材には
「デザイン」としての発展性に限りがあり、未来が無いことを感じ取ったのだろう。
その後、再び手がける事はなかった。

カッサンドルが引退した後、
1965年にフランスの三大レーベル(COLUMBIA、PATHE、VSM)はEMI(VSM)に統合、
時を同じくしてジュベール工房も閉鎖したと思われる。
1959年からの6年間に制作した写真をメインにしたジャケットが、
ジュベール工房が残した作品の全てである。

そしてフランスに限らず世界中のレーベルが、
写真をベースに文字を重ねただけの簡易なデザインへと移っていった。
それと同調するかのように、肝心の音楽自体も個性を失い、
ドングリの背比べになっていったことも事実である。

レコード会社にとって低コストで量産が効く写真ジャケという
「打ち出の小槌」を振り続けることによって確かにレコードは大衆化された。
その意味で写真が果たした功績は大きい。
しかしその立場も約20年の後、
1983年のCD発売と共にジャケットの縮小化が起こり役割を減じる。

2001年にはダウンロード式のiTuneが出現。
ジャケットという「顔」の無くなった再生音楽はコイン数枚の価値となった。
過去50年に渡り隆盛を誇ったレコード会社は今は見る影も無い。
逆にコンサート会場は人々でにぎわっている。

写真という便利なツールがレコードの流通を根本から変えた結果、
現代的、効率的な商業活動に繋がっていったことは確かである。
しかし、それを敢えてカッサンドル側から見ると、
本人に引退を決意させた写真ジャケットこそが、
クラシック・レコード業界全体の「死の行進」の第一歩になったとは考え過ぎだろうか。

カッサンドルは最後のジャケットを完成させた時、
既にそのことを予見していたように思えてならない。



四つに大別したモチーフ(文字・フレーム・イラスト・写真)の中から、
最後の『写真』を使ったジャケット6点を三種に分類して紹介する。


A カッサンドルの手によるもの
ジャケットの下にカッサンドル工房のロゴのある稀少な2点。
うち1点はジュベール工房との共同作業によるもので、さらに珍しい。

A-1
L.コーガン(vn)O.アッカーマン指揮フィルハーモニアo.(モーツァルト)
B.キャメロン指揮ロンドンso.(プロコフィエフ)
Vn協奏曲集/モーツァルト:3番K.216,プロコフィエフ:2番Op.63

A-2
J.ミショー(s)P.ボノー指揮so./レイモン・サン・ポールcho.
歌曲集「巴里のワルツ」/プーランク,アーン,ルコック
オーリック,メサジェ,ボノー 他11曲


B ジュベール工房によるフレーム・タイプ
フレーム内に写真を配したデザイン。
文字も色数に抑えて上品な印象に。最もジュベール工房らしい代表作。
カッサンドルの残した基本スタイルを上手く発展させた。

B-1
R.クレスパン(s)O.アッカーマン指揮フランス国立オペラo.
オペラ・アリア集/ウィリアム・テル,運命の力,オテロ,タンホイザー 他


B-2
S.フランソワ(pf)P.クレツキ指揮フランス国立放送so.
シューマン:Pf協奏曲Op.54,ショパン:Pf協奏曲2番Op.21


C ジュベール工房による全景写真タイプ
おそらく1962年頃に全景写真をベースに文字を重ねる手法が開始された。
その後このタイプは単純化され、世界的スタンダードになっていった。

C-1
E.シュヴァルツコプフ(s)G.ムーア(pf)
ヴォルフ:ゲーテ詩集


C-2
E.シュヴァルツコプフ(s)G.ムーア(pf)
「永遠のメロディVol.1」マルティーニ,メンデルスゾーン,ドヴォルザーク 他

カッサンドルのレコード・ジャケット No.3

『ヴィンテージ・アナログの世界』
カッサンドルのレコード・ジャケット No.3
(BIOCITY NO.51掲載)

稀代のデザイナー・カッサンドルが残した、
レコード・ジャケットについて考察する本シリーズの第三回。
今回は彼の人物像について、更に掘り下げてみよう。

アドルフ・カッサンドル(Adolphe Cassandre)こと
アドルフ・ジャン・マリー・ムーロン(Adolphe Jean-Marie Mouron)は
旧ソ連ウクライナの地で1901年に生まれた。
そしてデザイナーとしてフランスで活躍した人物だ。

この「カッサンドル」というペンネームは、
ギリシャ神話の予言者カッサンドラから取っている。
イタリア語でカッサンドラは「不吉、破局」などを意味するが、
彼は何故この不吉な名前を選んだのだろうか。
示唆的でもあり、カッサンドルをめぐる謎のひとつでもある。

一般的には「イヴ・サンローラン」のロゴや、機関車「北方急行」、
大西洋豪華客船「ノルマンディ号」のポスター広告などが特に有名だが、
これらの代表作はすべて30歳半ば(1930年代)までに制作された。
時はアール・デコの全盛期で、欧州の文化的基盤が作られていく時代でもあった。

若くして名声を得たカッサンドルだったが、
メインとしていたポスター制作は1930年まで。
1950年にポスター作品を主とした回顧展を開いた時には既に過去の人になっていた。
ここから1968年に亡くなるまでの18年間の中で、
最初の8年間に残した最大の仕事こそがレコード・ジャケットのデザインであった。

彼が忘れ去られていった原因は、教え子の多くが独立し成功したこと、
レイモンド・サヴィニャック、里見宗次、ポール・ランドら
次世代の作家の台頭が著しかったことなどであろう。
彼らは、カッサンドルの作り上げたスタイルを新しい感性で発展させていた。

また私生活では結婚と離婚とを繰り返し、うつ病を発症。
常に物事を深く考えてしまう性格もあり、
1968年にパリの自宅でピストル自殺を図り死去する。

1950年代に入り販売が始まったアナログLPのデザイン制作が
一時は希望を失いかけていたカッサンドルの最後の輝きとなり、
彼の芸術の終着点となってしまった。

著名な商業デザイナーであったカッサンドルの「終点」が
ジャケット・デザインの「出発点」となったという歴史的事実は見逃せない。
彼の業績により『ジャケット・デザイナー』という職業が誕生したのである。


以下、四つに大別したモチーフ(文字・フレーム・イラスト・写真)の中から、
三番目の『イラスト』を使ったジャケット6点を三種に分類して紹介する。


A デザイン化されたモチーフ
単純なモチーフをシンメトリーに配し、ひとつのデザインを構成。
前回紹介したフレームタイプの発展形といえる。
A-1
M.ロバン(s)P.デルヴォー指揮パリ国立to.
「リサイタル」
オペラアリア集/グノー,ロッシーニ,マスネ 他


A-2
W.ギーゼキング(pf)
メンデルスゾーン:無言歌集

B.自由なイラスト
イラストを単純に配置し、文字との相乗効果を狙ったシンプルな構成。
B-1
J.イトゥルビ(pf)指揮コンセール・コロンヌo.
チャイコフスキー:Pf協奏曲1番Op.23


B-2
Y.メニューイン(vn)
G.プーレ指揮ロンドンso. / A.ボールト指揮ロンドンpo.
Vn協奏曲集/サン・サーンス:3番Op.61,シベリウス


C.モノクロ・デッサン
上記、Bのイラストをシンプルなモノクロのデッサンに置き換えた構成。
文字とのコラボレーションは更に効果的。
C-1
H.v.カラヤン指揮フィルハーモニアo.
ベートーヴェン:交響曲3番Op.55「英雄」


C-2
A.チッコリーニ(pf)
サティ:Pf曲集/3つのジムノペディ
3つのグノシエンヌ,3つのワルツ 他

カッサンドルのレコード・ジャケット NO.2

『ヴィンテージ・アナログの世界』
カッサンドルのレコード・ジャケット NO.2
(BIOCITY No.50掲載)

カッサンドル特集の第二段をお送りする。

近年、本屋を覗くとLP又はCDのジャケットを題材にした本がずらりと並ぶ。
カラー写真で美しく並んだそれらはデザインの重要性を語り、
工芸デザインの役割を強調する。
また、文章においてはデザインの歴史、美術との関わりを論じる。
しかし、それらの書物あるいは雑誌から根本的に欠落しているのは、
主役たるべき『音楽』である。

レコード会社はこの目には見えない『音楽』を表現し、
それを選択しようとする購入者のために、
30センチ四方のカンヴァスの表にデザイン、
裏に文字という2つの方法でアプローチしてきた。

しかし果たして、本当に目的を達成したといえる例はあるのだろうか。
ジャケット裏に記された文字という自由な道具でさえ
音楽の表現は困難であり、今日に至るまで
曲の紹介と演奏者の略歴を記す程度に留まってきた。
ましてデザインという、視覚的に一瞬で印象を与える表現方法はさらに難しい。
LPの価値は中身のレコード盤であり、ジャケットは入れ物に過ぎない。
主役はあくまで音楽である。

音楽家が人生をかけて臨んだ演奏は、黒い円盤に収まった時点で
その行く末がデザイナーの手に委ねられる。
音楽家は自分の音がどのような形で商品化されようと、手も足も出せないのだ。
実際、レコード会社やデザイナーによって販売成績は大きく変化してしまう。
それが音を売るメディアの宿命であり、越える事のできない大きな壁である。

前回略歴を紹介したカッサンドルが、
デザイナーとしてこの問題についてどう考え、悩んだかについて興味があった。
今となっては知る術もないが、彼のたどり着いた結論が
前号で紹介した四つのモチーフ(筆者の勝手な分類だが)ではなかっただろうか。

これを検証するには多くのサンプルを聴き、
音楽とデザインとの相関性を調べる必要がある。
完全な検証ともなれば膨大な作業が必要になるので宿題とさせていただくが、
必要とされる作業の遠大さが想像出来るからこそ、
このカテゴリー分類にも多少の意味があるのではと考えるのである。

今回は、四つに大別したカテゴリーの二つ目、
『枠(フレーム)』を利用したデザインについて。
このグループは全体の五分の一程度を占めると思われる。
これを更にタイプ別に3つに分類し、代表作六点を下記に紹介する。


A フレーム・イン・フレーム
一見複雑な模様だが、同じ装飾枠を波紋のように配し、
視覚的安全性を生みだしている。

A-1
Y.メニューイン(Vn)W.フルトヴェングラー指揮ベルリンpo.
ベートーヴェン:Vnと管弦楽の為のロマンス第1番,第2番
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲


A-2
D.リパッティ(pf)
シューマン:ピアノ協奏曲,グリーグ:ピアノ協奏曲


B 一重フレーム
多様な形の単純なフレームを中央に配し、内部に文字を収める。
自由な背景で音楽の個性を表現。

B-1
A.クリュイタンス指揮パリ音楽院Po.
ロシア管弦楽作品集


B-2
A.クリュイタンス指揮ベルリンPo.
ベートーヴェン交響曲全集


C 飾りフレーム
フレーム全体に施した装飾がインパクトを与えるデザイン。
文字だけのものと、イラストも用いたものの2種類がある。 

C-1
R.ファザーノ指揮ヴィルトゥオージ・デ・ローマ
ヴィヴァルディ:指揮


C-2
E.シュヴァルツコプフ/I.ゼーフリート(ソプラノ)G.ムーア(pf)
歌曲集/ドヴォルザーク,モンテヴェルディ,カリッシミ


*本記事は雑誌「BIOCITY」に掲載された記事のWEB版です
詳しい内容は是非誌面をご覧ください、
購読・バックナンバーのお問い合わせは以下です

株式会社ブックエンド 
東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 #300 
Tel. 03-6806-0458  Fax. 03-6806-0459