CDR068

CDR068ジャケット画像
CDR068レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR068
原盤LPのプレス地域・レーベル
イギリス NIXA
原盤LPのレコード番号
WLP 5112
作品名
モーツァルト:Cl五重奏
演奏者
L.ウラッハ(cl)ウィーン・コンツェルトハウスQt.
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
赤/金溝F,折返表ツヤ,1951/4/25ウィーン・コンツェルトハウス・モーツァルトザール録音,1952-3年頃英国発売,親会社米WESTMINSTERではWL 5112で1952年発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済
この商品の一部を試聴できます

モーツァルト33歳、クラリネットを用いた傑作であり、35歳で亡くなる年の協奏曲K.622に繋がるモーツァルトにしか成し得なかった管と弦とのあまりに見事な調和がここにある。また、名演・名盤に事欠かないメジャー作として、SP期より録音に恵まれてきた曲。その中で、1949年に発足した米Westminster音源のレオポルト・ウラッハの録音ほど古くから日本人を含め世界で愛されてきたものは無い。今回、最も音質の良い英国NIXA盤でお届けする。ウラッハは1902年オーストリア生まれ。1928年からウィーンpo.の首席Cl奏者として活躍。A.ボスコフスキーやA.プリンツ等を輩出した名教師でもあった。Cl協奏曲K.622やブラームスのOp.115等も録音しており、そのどれもがウィーン風味といぶし銀と言われる枯れた音色で、万人へ郷愁と清涼感を運んでくると信じる。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無い。