CDR070

CDR070ジャケット画像
CDR070レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。 CDR制作ポリシー もご一読ください。
ご注文は 当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR070
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス DF
原盤LPのレコード番号
DF 85
作品名
モーツァルト:Vn協奏曲1,4番
演奏者
W.ボスコフスキー(vn)指揮
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
赤輪青地図内溝F,見開布張,1950年代初~中期パリ録音,1950年代発売,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済
この商品の一部を試聴できます

ボスコフスキーの名は、今やニューイヤー・コンサートの指揮者として語られることが多くなったが、ウィーンpo.のコンマスとして、Vn奏者の室内楽やソリストの活動が際立っていたことが昔のことになってしまった。すでに、CD-R化したL.クラウスとのVnソナタ全集やPfトリオ全集が代表作。その流れで3曲のモーツァルトVn協奏曲を、同じ頃に録音していたことはあまり知られていない。3番のみ10''で発売され、この1・4番は12''で発売された。ボスコフスキーはソロVnと指揮者を兼任。Vnを弾きながら、弓を指揮棒の代わりに振るスタイルは、J.シュトラウス2世に倣ったもので、彼のトレードマーク。ウィーン・ヨハン・シュトラウスo.ではこの方法を続けた。つまり、この演奏こそ最も忠実にウィーン伝統のスタイルを受け継いだもので、ソロの音色から表情全てが濃厚なウィーンの気分を演出。モーツァルト19歳の作品が生命感と格調をもって、最良の形で描かれた傑作であることに疑いの余地は無いだろう。'50年代中頃の録音。イコライザーカーブ補正済。4番の第3楽章に8回出るキズあり。