CDR089

CDR089ジャケット画像
CDR089レーベル画像
この商品は当社で自主制作したCD-Rです。CDR制作ポリシーもご一読ください。
ご注文は当社ご注文フォーム よりお申し付けください
商品番号
CDR089
原盤LPのプレス地域・レーベル
フランス COLUMBIA
原盤LPのレコード番号
FCX 222
作品名
Recital(全10曲)
演奏者
G.ジャリ(vn)A.コラール(pf)
原盤LPの記録形式・盤サイズ・枚数
モノラル 12インチ
価格
1,080 円 (税込)
コメント
紺/銀内溝F,折返表ツヤ,1953-4年パリ録音,1954年1月フランスのみ発売,英国33CX存在せず,19歳のデビュー録音,モノラル録音・イコライザー・カーヴ補正済
この商品の一部を試聴できます

1980年頃までステレオ録音があるジェラール・ジャリ。そのためか、古い時代のヴァイオリニストという印象が薄い。1936年仏シャテルロー生まれ。2004年68歳で亡くなった。これはジャリのデビュー録音か?デビューからして何とも華々しい出発だろう。1950年代中頃、こんな立派な小品集を大手仏Columbiaから出すとは、しかもまだ20歳そこそこの若造である。1951年、若干15歳で出場したロン・ティボーコンクールで何と優勝。1969年からパイヤール室内o.のコンマスとして150以上の録音を行った。しかし、それは単なる実績であり、このLPが優れている証明にはならない。その証明はこの演奏の中にある。まだ19歳の少年の落ち着き払った表情が信じ難い。彼の年齢を知るまで年配の音楽家と勘違いしていた。決して力まず、練り上げられた末の美音と枯れたような味わい。単なる古典趣味を超えた、真に音楽を理解した中から生まれる生命感。ステレオ期に大量の録音を残したが、それら全てを比べてもこの一枚には及ばないだろう。少し後、クリュブ・ナショナルにも小品集を残していて、そちらも絶品。天分という言葉を考えさせられる一枚である。1954年1月初出。イコライザーカーブ補正済。特筆すべきキズは無い。